Category Archives: 6年生’18

11月24日(土) 新浦安ユナイテッドFCカップU-12

会場:浦安市立美浜北小学校.まちづくり活動プラザ
対戦方式:11人制20分ハーフ
参加チーム:
◎柏レイソルTOA
◎パサニオール誉田FC
◎中国分リトルウィングスFC
◎新浦安ユナイテッドFC G
◎新浦安ユナイテッドFC IW
◎国府台FC

●第1試合 vs 新浦安ユナイテッドG 1-2
得点者…[K.I]
●第2試合 vs 柏レイソルTOA 0-2

《順位戦》
● vs中国分リトルウィングス 6-1
得点者…[Y.G][H.F][A.S]×2[K.I][Y.O]

11月11日(日) 6年 中央支部大会3位リーグ

対戦相手:中国分LWFC,曽谷SC
対戦方式:11人制 15分ハーフ
会場:市川市立曽谷小学校

●第1試合 vs 中国分LWFC 3-1
得点者…[H.F][A.W][R.F]

●第2試合 vs 曽谷SC 2-0
得点者…[H.F][K.I]

最低ラインの目標はクリアし、支部大会3位リーグ敢闘賞!!
試合内容は目指している所からの現時点での状況としては全体的にイマイチでした。
新しい攻撃の形はありましたが、シャポーカップに向けての高い目標を掲げている子供達としては、
もっと質の高い試合をしてくれると期待していただけに内容的にはもっとやれるはずという思いはありましたね。
次回の試合はもっと質の高い内容の良い試合になるよう、日々の練習から意識を高めて取り組みましょう!(H.F)

11月10日(土)6年 練習試合(フットサル)

対戦相手:FC平田、市川カネヅカSC U-13
対戦方式:フットサル形式 10分
会場:河川敷グランド

●vs 市川カネヅカSCU-13 1-5
得点者…[Y.N]

●vs FC平田 0-2

●vs 市川カネヅカSCU-13 1-4
得点者…[K.I]

●vs FC平田 2-0
得点者…[Y.N][K.I]

●vs 市川カネヅカsc U-13 0-7

●vs FC平田 1-2
得点者…[A.W]

●vs 市川カネヅカsc U-13 0-1

今日は久々のフットサル。個人戦術部分と狭いスペースをどう使うかを意識して試合に挑む。
中学生相手だったが、やれている部分も多々ありました。
中々中学生と練習試合はできませんので、FC平田さんに感謝です。
翌日が支部大会がある為、内容のみに拘り5分で5名総入れ替えにてお相手頂きました。(H.F)

10月27(土) スポーツオーソリティカップ2018 [関東大会B]

会場:レッズランド
対戦方式:8人制10分ハーフ
【予選リーグ】
●第1試合 vs 八潮メッツジュニアサッカークラブ 1-1
得点者…[R.F]

●第2試合 vs アックスサッカークラブ 5-0
得点者…[A.K]×3 [H.F] [O.M]

★予選リーグ突破!!

【決勝リーグ】
●準々決勝 vs 戸塚フットボールジュニア 2-2  得点者…[O.M] [H.F]

●準決勝  vs 東光台サッカークラブ 0-1

★★3位入賞!!

子供たちのおかげで、全国大会出場の夢を見させてもらい、本当に感謝しかありません。
子供たち、ありがとうございます❗
あと一歩でしたが、本当によく頑張ったと思います。
みんなの気持ちがひとつになった素晴らしいゲームでした。
決勝トーナメントは、普段なかなか戦うことのできない埼玉県や茨城県などの強豪チームと対戦する事ができました。
ビビることもなく落ち着いた戦いをしていました。
この3位という結果におそらくみんなも「俺たちってやれるんだ」という自信と
「まだまだ上手くて強いチームがたくさんあるんだ」ということを強く実感できたと思います。

卒団まであと4か月半、可能な限り、心身ともに成長し次のステージに繋げてほしいと切に思います。
その子供たちの成長に関わることができて本当に感謝です。

最後に、今回スポーツオーソリティーカップに関わる全ての人々に感謝です。ありがとうございました!(H.F)

10月8日(祝月)6年 練習試合

会場:江戸川河川敷グランド
対戦相手:FC平田.上本郷SC
対戦方式:8人制20分1本
(最後の1試合のみ11人制にて実施)
【8人制】
vs 上本郷SC 1-0
得点者…[H.F]

vs FC平田 2-0
得点者…[I.M][K.I]

vs 上本郷SC 1-0
得点者…[Y.O]

vs FC平田 1-0
得点者…[K.I]
【11人制】
vs 上本郷SC 1-0
得点者…[H.F]

FC平田さんのおかげで上本郷SCさんと練習試合をさせて頂きました。
ありがとうございました。
今日の練習試合の内容ですが、子供達のボールを奪われないという個人戦術の部分はだいぶ強くなってきた印象です。
あとはグループ戦術の部分、数的不利・有利の状況下の認識や、それに伴ったプレーの判断、またサッカーはチームスポーツなのでボールを持っていない選手がどこまで関わりを持てるか?ボールを持っていない選手のサポートだったり、気の利いた所に顏を出してパスを要求するなど、次の世代にあがっていっても通用する選手になって卒団の日を迎えてほしいと思います。
残りあと約5か月、可能な限り精神的にも、肉体的にも、技術的にも成長してほしいと願っています(^_-)-☆(H.F)

10月6日(土) 6年練習試合

試合会場:ZOZOPARK HONDAフットボールエリア
対戦方式:8人制12分ハーフ
対戦相手:ソルティーロU-13、市川東、チャクラネスト奈良

●第1試合 vs チャクラネスト奈良 0-1

●第2試合 vs ソルティーロU-13 1-3
得点者…[A.K]

●第3試合 vs 市川東 3-1
得点者…[K.I][A.K][K.M]

今日は有難い話で中々対戦できないような練習試合を組んで頂きました。
各チームの方々、貴重な機会をありがとうございました。
会場も綺麗な人工芝のグランドで、子供達も意気揚々とサッカーを楽しんでいました。

試合内容は、全体的にも悪くないと思います。
K.S君も怪我から復活して、だいぶ顏もよくあがり落ち着いたプレーを見せていました。
そのおかげで、K.I君が攻撃側のサイドのポジションに入る事で攻撃に強さが増し、
サイドから仕掛けフィニッシュをA.K君に持ってくる形で得点を奪えていました。
R.F君も市川FCレーベの活動もなく久々のチームの練習試合の合流でした。
残念ながら足の具合が万全でなく、少ししか試合に出る機会はなかったと思いますが、
久々の仲間との試合を楽しんでくれたかと思います。

R.F君は市川FCレーベでのスタメン争いやジュニアユースのセレクション活動等で大変だと思います。
心身ともに疲労が溜まっているのでは!?と心配になります。
焦る気持ちも分かりますが、本来持っている力を十分に発揮する為にも
まずはこの10月中は、心身共にきちんとした休養から力を蓄えてほしいと思います。
張り詰めた糸は簡単に切れてしまうもの、また車のハンドルやブレーキなどにも必ず適度な遊びがあるように、
継続的に良いパフォーマンスを発揮するには、常に100%でなく「適度な遊び」が必要になると思います。
彼にはこの「適度な遊び」をこの機会に学んでほしいと願っています。(H.F)

9月23日(日) U-12リーグサッカー大会(後期) 最終節

試合会場:千駄堀多目的広場
対戦方式:8人制20分ハーフ

第1試合 vsルキナス印西ホワイト 1-2
得点者…[K.K]

第2試合 vs市川中央LK 1-0
得点者…[A.W]

本日をもってU12県リーグの前期・後期合わせて17戦がすべて終了致しました。
保護者の方々含め、関係者の方々本当にご協力ありがとうございました。
感謝しかありません。

子供達も本当によく頑張りました!

このU12の県リーグを通して子供達は心身共に大きく成長できたと実感しています。
特に最終戦は、「このU12で一番良い戦いをしよう!」を掛け声に17名全員参加で熱い戦いをしてくれました。
M.I君からのサイドからのドリブルからのクロスにゴール前に飛び込んだA.W君のスライディングシュート(!?)という新しい攻撃の形も見られました。
当然良い攻撃の前には、良いディフェンス陣の頑張りがあった事を忘れてはいけません。
U12の最後を飾るとても楽しく記憶に残る試合になりました。

そして、こんな彼らも卒団まで半年。どこまで成長できるのか?

特に年明けすぐの1月には皆で決めた大きな目標の大会があります。
その目標は、残りの数か月を更に皆が気持ちを一つに、意識を高く持ってサッカーに向き合わないと難しい目標です。
しかしながら、成し遂げられる状況下にいるのは、子供達が低学年の頃から一生懸命練習をして積み上げてきたからこそであって、
この目標を成し遂げられる可能性がある立ち位置にいる状況である事に感謝すると共に自信をもってチャレンジしてほしいと思います。

今日の試合の終了の時以上の「最高の笑顔で卒団してほしい」と願っています。

あと数か月ですが、どのような成長を見せてくれるのか!?楽しみにしてます(^_-)-☆(H.F)

9月16日(日) U-12リーグサッカー大会(後期) 3日目

会場:流山東部スポーツフィールド
対戦方式:8人制20分ハーフ

第1試合 vs ペガサスJFC U-12 1-0
得点者…[K.K]
第2試合 vs 舞浜ファルコンズ 0-0

昨日の中央支部大会の反省を踏まえて、どれだけ子供達が課題である攻撃の際の決定力を意識して
チャレンジしてくれるかという観点で試合を見ていました。

第1試合目から均衡した試合になりました。
仕掛けるシーンが随所に見られ、結果的に厚みを増した攻撃から1点を先制し勝ち切りました。

第2試合目も均衡した試合となりました。2試合目は昨年1B大会で大敗した相手。
今日はとにかくぺナルティエリアに運べると判断した選手は、ペナルティエリアにボールを運び仕掛ける、
SBの選手はビルドアップから仕掛ける点を意識し、失点を恐れず攻撃に特に重きをおいて点数を決めきる事を心がけ試合に挑みました。
結果的には、引き分けましたが後半は攻撃に厚みも増し良いイメージで終了できたと思います。
特に攻撃陣で仕掛けるという点では、K.I君、K.S君(いよいよ怪我からの復活か!?)、A.S君、Y.N君、H.F君は気持ちの変化を強く感じました。
試合毎の意識が、本人達の今後の成長に繋がるので、今日の意識を継続させてほしいと思います。

残り2試合勝ち切れれば、他チームの試合結果によりますが、全日本予選出場もまだ辛うじて可能性がある状況です。
最後まで諦めずに、元気、溌剌、果敢に攻めてきってほしいと思います。
(H.F)

9月15日(土) 市川市中央支部大会 6年生の部 予選リーグ

会場:市川市立稲越小学校
対戦方式:11人制20分ハーフ

第1試合 vs 市川KIFC 0-1 OWN
第2試合 vs フォルマーレ 0-0

前日の夜から午前にかけて降った雨でのグランドコンディションの悪い中での一戦。
第1試合目は、こちらが優位に試合を進め、得点のチャンスも多くつくるが決め切れず、
後半相手のセットプレーからのディフェンスラインのコミュニケーション不足によるオウンゴール。
その後は、いつもの感情の乱れやすい数名の気持ちがチームに伝染し残念ながらの敗戦。
第2試合目は、気持ちを立て直し勝負に挑むがこの試合も決定力に欠き、引き分け。
2試合とも攻撃陣に課題あり、ゴール前での決定力に欠ける。
また局面毎でのプレーの選択をもっと良くしていった方がよい。
そこでその選択をするとゴールの確率が下がるという事を本人達はどこまで気づいているのだろうか?
サッカーは、チームスポーツなので仲間があってのスポーツだが、大前提として相手よりも多くの得点を決めるゲームなのだから、
相手の力量だけでになく、味方の力量も理解した上でプレーを選択しゴールに結びつく確率を上げていかなくてはならないと思う。
どんな味方、相手でも同じプレーをする!?もっとプレーの柔軟性をもってほしいと思う。
また、本来攻撃に力をいれないといけない選手が、守る事に意識が行きすぎ、攻めようとしない。
もっと仲間を信頼して攻め上がらないといけないし、逆に失点してもそれ以上に得点を決めてきてやるぐらいの気概をもったストライカーが出てきてほしい。
世界的に有名なチームでも負ける時は負ける。
勿論勝った方が嬉しいが、それ以上に彼らは、まだ小学生なのだから、
もっと元気に!失敗を恐れずもっと挑戦的に!溌剌とサッカーを楽しんでほしいと切に願っている。
ただそれだけなのに、伝える事は簡単だが、伝わる事は難しい。(H.F)

« Older Entries